うつ伏せになる女性

まぶたが重い症状

年齡を重ねていくことによって起こるしわのたるみは化粧品で対策出来ます。クリニックでも治療が進められますよ。

普通に日常生活を送っているときには、どの場面でも目を多く使っています。
パソコンやスマートフォンを見ると目が疲れるように、強い光を長時間見続けていると次第に目が疲れてしまいます。
また目は呼吸をしていますがコンタクトによって空気が通りにくい状態を作ってしまうと目の呼吸ができなくなってしまい目の疲れを引き起こします。
目の疲れを感じたときは十分な休息を与えることで次第に目の疲れを抑えることができます。
目の酷使は視力低下にも繋がることなので、目を使うときは適度な休憩を挟むことも大切です。

まぶたが重いことや痛みを感じることが改善されずに長時間続くときは眼瞼下垂の可能性があります。
この症状はまぶたが垂れ下がってしまう症状なので、見た目にも大きな影響を与えてしまいます。
パソコンやスマートフォンを長時間使うことで起こるものですが、その他にも加齢や筋肉の低下などの原因が考えられます。
これらの原因から起こる眼瞼下垂は専門病院で適切な治療を受けることで改善することができます。
通常は切開をすることでまぶたの重みを改善できますが、現在では切らない方法の眼瞼下垂治療があるので安心して行なうことができます。
全国的に多くの専門病院が点在していますが、その中でも眼瞼下垂の治療をしている専門機関は数少ないとされています。
そのため治療をするときはインターネットなどで検索をして対応している治療院を見つけることから始める必要があります。


症状の種類

眼瞼下垂にはいくつかの種類があり、その症状によって専門機関で治療する方法が異なっています。大きく分けて3つがありますがその中でも一番起こりやすいのが先天性、加齢によって起こる後天性と老人性のものがあります。

専門機関で

眼瞼下垂の初期症状は偏頭痛や肩こりなどが表れますが、素人ではその症状なのか特定することができないので専門医に相談する必要があります。手術も症状によって最適な方法が変わってきますので、簡単に紹介していきます。

気づいたときに

眼瞼下垂になるとまぶたが重くなることはもちろんのこと、片方の目が開きづらいことや目が小さく見えるなどの症状があります。いつもと目元が違うとき、気づいたときは専門機関に行く前に対策を行なうことも出来ます。

若い人も多い

若い人にも多いとされている眼瞼下垂はパソコンを長時間見ることや長時間のコンタクト使用が原因としてあります。メイクを落とすときに目の周りをゴシゴシと洗うこともトラブル発生に繋がります。